アコム

アコムの利用価値をピックアップ

最大30日金利ゼロサービスが恒久サービスへ

知名度の高いアコムのサービスが他業者の最大のサービス『無利息サービス』をはじめた事により、より強いサービスとなりました。初めてカードローンを申込む時に『無利息サービス』ほどありがたいことはありません。

クレジットカード審査に困っている方に人気のキャッシング機能付クレジットカード『アコムマスターカード』

クレジットカードの審査はどうしてもヒストリー(利用履歴)がない方には不利に働くようになっています。しかしアコムマスターカードならキャッシングの審査でクレジットカード発行可能。与信はあるのにどうしてもクレジットカードの審査が・・・とお悩みの方も試してみる価値ありです。

楽天銀行口座なら24時間365日振込融資可能(メンテナンス時間以外)

アコムは楽天銀行と提携していますので24時間365日振込手続きから1分程度で振込融資が可能(メンテナンス時間以外)です。通常でも便利なのですが、申込・契約当日が金融機関が休みの日だったり、振込可能時間を過ぎてしまっていたりする時にも大変重宝されるサービスです。

アコム 【三菱UFJフィナンシャルグループ】

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

最大30日金利ゼロサービスにより今すぐ借りたい時のカードローンとしての価値が高まったアコム。そのメリットも多数ありますが、即日融資に必要な振込可能口座が多数、振込可能時間が長く審査が早い、自動契約機(むじんくん)が沢山あるという条件も兼ね備えています。
パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能ですので正社員でなくとも審査のチャンスがあります。またアコムには消費者金融唯一のクレジットカード『アコムマスターカード』があり、クレカヒストリーがなくて審査に通らない方にもチャンスがあります。

 

プロミス 【SMBCコンシューマーファイナンス】


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

 

アコムと同じく今すぐ借りたい時のカードローンの二大消費者金融でアコムより少し最大金利が低いのもポイントのプロミス。もちろん初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が他のカードローンを寄せ付けない圧倒的なサービスになっています。
アコムにはない女性用申込のレディースローンも用意されています。パート・アルバイトでも安定収入があれば申込めますし、自動契約機の数も多いので即日カード発行の可能性も高い即日振込平日14:00までにオンライン契約完了で可能です。

 

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0%〜14.5%  借入限度額 最高800万円

 

 

アコムではどうしても申込を断られてしまう専業主婦

先ほどの金利比較でイオン銀行カードローンBIGを銀行カードローンの代表で比較しましたが、もちろん金利も低いのですがイオン銀行カードローンBIGは専業主婦でも申込めるカードローンなのであえて掲載しています。アコムをはじめとする消費者金融は収入のない専業主婦は申込めません。パートをしている主婦でも安定収入がないとアコムに判断されれば審査には通りません。

 

しかし、イオン銀行カードローンBIGなら銀行のカードローンなので配偶者に収入があれば申込が可能です。しかも専業主婦には小額の専用借入枠(最高50万円)があるので収入証明書も必要ないですし、旦那さんの勤務先に電話連絡が行ったりしないので旦那さんに内緒で申し込むことができます

みずほMy Wing「わたし応援ローン」

年利 9.0%〜14.0%  限度額 10〜200万

 

 

じぶん銀行カードローン

年利 2.4%〜17.5%  最高限度額 800万円

 

今すぐ借りたいということを重要視するのであれば専業主婦でも申込めるじぶん銀行カードローンです。最短即日融資手持ちの口座に振り込み可能なのでじぶん銀行口座を持っている必要がありません。専業主婦の借入枠は30万円までですので収入証明不要で旦那に内緒で申込めます

 

月々の返済額も1,000円からと小額。auユーザーなら金利0.1%優遇され、借り換え利用ならさらに金利1.9%〜12.5%に優遇されます。

 

イオン銀行カードローンBIG

年利 3.8%〜13.8%  最高限度額 800万円
専業主婦借入枠年利 13.8%  最高限度額 50万円

 

 

セブン銀行カードローン

年利 15%  限度額 10万・30万・50万のいずれか

 

 

アコムの最大30日金利ゼロサービスが恒久化に

以前までアコムの無利息サービスはキャンペーンという形で行われており、実際に利用するにはキャンペーン期間中に申込みをしなければなりませんでした。しかし他社が次々と通常のサービスという形で組み込むようになったため、アコム側はついに

 

 

無利息サービスを通常のサービス


にしました。正式にサービスという形で昇格したことにより、全ての方が無利息を利用することができます。

他の無利息サービスと比べてのデメリットは?
  • 契約翌日より30日なので早く借りないと無利息期間が減っていく
  • 初回の利用に限ってであるこ
  • 今までアコムを利用していないこと
  • 返済期日を35日毎で契約しなければならない

が条件であり、かなり前にアコムと以前から契約がある場合は利用することができません。無利息は初回で最大30日間に限定されており、契約日翌日から31日を超えるとその時点で利息の支払いが発生します。

同じ無利息サービスのあるプロミスの初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)は初回借入から30日無利息なので無利息期間が減っていく事はありません。

この期間内に返済を終えてしまえば利息が発生することは一切ありませんが、逆に言えばこの期間に返済できる金額は微々たるものなので、借り過ぎると恩恵をあまり受けられない状態となります。

短期で返済するなら低金利カードローンよりも利息が少なくなる

短期で借りて返すという方法であれば、無利息サービスを上手く活かすことができます。そのため最初の利用はそこまで高い金額を借りないようにして、すぐに返せるように考えておくと効果的です。

 

無利息サービスが正式なサービスに昇格したことによって、更にアコムの利用は楽になりました。ただ利用出来るのは初めてアコムを利用して、なお且つ初めて借りる時だけです。

同じ無利息サービスのあるプロミスの初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も初めての利用の場合だけですが、ポイントを貯める事により再度無利息サービスを利用できるようになります。

以前から利用している方が使うというのは無理なので、以前利用していたら諦めるしかありません。

アコムとの契約はすべて返済が完了すれば終了するのか?

アコムで融資を受ける場合、利用者とアコムとの間は「契約」関係があるといえます。その契約には、融資を受けた金額については必ず返済することや、利息などについての内容も含まれています。ある意味わかりきったことと思われるかもしれませんが、ではこの契約が終了する時というのはどんな時でしょうか?

借り入れたお金を完済しても契約は終わらない

多くの人がアコムで借り入れたお金をすべて返済し終えた時、と考えるかもしれませんが、実はそれは間違いです。アコムのひとつの特徴といえるのが、「返済したお金は再び借り入れることができる」という点です。

たとえば住宅ローンや自動車ローンを考えた場合

住宅ローンや自動車ローンで仮に100万円借り入れたとして、そのうち20万円返済したとします。単純計算として借入残高は80万円の残高になりますが、返済した20万円については再利用はできない計算となっています。

 

これがアコムの場合、同じ100万円を借りて20万円を返済した場合、借入残高は80万円となりますが、「借入可能金額」として100万円が再利用可能な状態となります。

 

そのため、仮にアコムから融資を受けた分をすべて返済したとしても、それはあくまでも「借入可能残高」が最初の状態に戻るだけであり、アコムとの契約関係はそのまま継続することになります。これがアコムが他の銀行の目的ローンなどと大きく異なる点であり特殊な点でもあります。

解約する事が契約解除になる

話を戻すと、アコムとの契約関係が終了する時というのは、確かに「完済すること」がひとつの条件ではありますが、そのうえで利用している人が「解約」の申し入れをして初めて手続きが可能となります。解約の手続きが完了することによって、アコムとの契約関係は終了となるわけです。

 

解約については敢えて利用者側がアコムに伝えない限りはできないという関係から、店舗やコールセンターなどに連絡を入れることで行うことができます。なお、これはある意味当然といえば当然なのですが解約をした後でアコムでお金を借りようとした場合には、再度アコムに申し込みをして審査を受ける必要があります。